<< 16th June, live @ DOMMUNE | main | 21st June screening & live @ HORS PISTES TOKYO 2014 (Shibuya, Nakameguro) >>
6/20 レクチャー&トーク「古典から現代にいたるノイズ=映像」
0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    [MORI YU GALLERY レクチャー&トーク]
    2014/06/20[金]

    日時:2014年6月20日(金)
    18:30 開場
    19:00 スタート (約2時間を予定)

    内容:
    ●レクチャー「古典から現代にいたるノイズ=映像」(作品上映あり):
    河合政之

    ●森裕一(MORI YU GALLERY)× 河合政之その他ゲストによるトーク

    展示//黒田アキ、パラモデル等

    詳細:
    http://www.moriyu-gallery.com/gallery/tokyo.html?l=jp


    会場:MORI YU GALLERY TOKYO
    住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331Arts Chiyoda 204
    tel:03-6803-0864 fax:03-6803-0869
    E-mail: info@moriyu-gallery.com


    ノイズという思想——秩序と意義に決別するために

    「傑作は雑音を発し、呼びかけることを止めない。この母胎にはすべてがある。母胎には何も存在しない、それはすべすべしているということができる。それは渾沌だということができる、薄片状に水が落ちる滝、あるいは嵐の雲の動き、雑踏であるということができる。現象と名づけられるもの、つまり秘密から引き出された変幻者の変身だけが知られるのであり、知りうるのである。それらはノワズゥな海から浮上する。目に見え美しいのは乱雑な絵なのだ」(ミシェル・セール『生成——概念をこえる試み』及川馥訳より)

    ここでとりあげるノイズは、「シグナル」に対立するものとして、コミュニケーションから排除するべきとされる「ノイズ」ではない。むしろノイズこそは、生成の可能性である。ノイズは乱流となり、乱流の中に波動があらわれ、波動は反復し、そうした反復が結果として冗長な秩序と意義を生み出すのである。

    だがこのようなノイズそのものへと目を向けることは、容易いことではない。そこは一見、渾沌と危険に満ちているからだ。そしてそのような流れの川上へとさかのぼるよりは、すでにできあがった秩序と意義に安住し、その母胎であるノイズを忘却した方がはるかに楽なのだ。そしてカッコに入れた「ノイズ」を馴致し、それを取り込んで意義と秩序の充実化をはかる方が、現代では好まれるのである。

    だが私たちがここでおこなおうとしているのは、このような秩序と意義に与することなく、カッコに入れられないノイズそのものを見つめてきた芸術のあり方を発見することである。もちろんノイズは、そのものとしては語ることができない。だがそうだからこそ、それは可能性のもっとも初源的な、切り立った場における思想であるともいえるだろう。私たちは、秩序と意義の「わかりやすさ」にあくまで逃げ込むことなく、この可能性の奔流の中へと乗り出していくことを選ぶのである。

    河合政之
    | activity | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.masayukikawai.com/trackback/1413666
    トラックバック